ナカさん病

人物病シリーズ。最近は多少減っているが、「じっと立っていられなくて絶えずゆらゆら動いている状態」のこと。または「うざいくらいに細かい芝居が多すぎる」こと。看板俳優ナカさんのクセから、彼の名を冠した病名(?)がつけられた。


蓄光テープ

舞台の「ばみり」の必需品。さんふぃーるどではいつのまにか副長の管轄になっていて、またこれがバカみたいにあちこち貼りまくるので撤収が大変(笑)。暗闇で走ったりが多いもので。

大山。

ちょっとおもしろかった装置の一つ。スサノオの大冒険で使用された吊りもの。いまだから明かしますが、あれの正体は百均で仕入れた白いビニールごみ袋だった。テグスで両端を引っ張ってたとみちゃん、あさちゃん、いっちゃん、おつかれさま。
メッセージ