ナカさん病

人物病シリーズ。最近は多少減っているが、「じっと立っていられなくて絶えずゆらゆら動いている状態」のこと。または「うざいくらいに細かい芝居が多すぎる」こと。看板俳優ナカさんのクセから、彼の名を冠した病名(?)がつけられた。


蓄光テープ

舞台の「ばみり」の必需品。さんふぃーるどではいつのまにか副長の管轄になっていて、またこれがバカみたいにあちこち貼りまくるので撤収が大変(笑)。暗闇で走ったりが多いもので。

ダメだし

芝居の「ダメなところ」を演出家が宣告する。役者にとってはうなされる時間。さんふぃーるどのダメだしはいっぱい誉めていっぱいダメを出すというおそろしいもの(?)。それでも出してもらえるうちが花で、いつまでたってもできないと見てもらえなくなるときがある。
日野高校同窓会
メッセージ