「真昼の月」の名脇役すみれちゃん。彼女は文芸部で「美しい殿方同士の恋愛」を書きつづけている。以来さんふぃーるどでは、そっち方面の物事に対して「すみれ的」という表現が使われる。使用例→「その表現は違うからやめて。すみれ的にはオッケーなんだけどね。」