そこだけ「ピンスポット」があたっているかのような陶酔芝居をすること。実際にピンスポが当っていることはきわめて少ないですが(笑)。さんふぃーるどではよくまーしーとまーさんがこれをさせられている。